バイク情報まとめブログ バイク販売店は全国チェーン店と地元のバイク屋さんとして根付いている店があり、メーカー特約店など独自メーカーに強い店も多いです。

バイクの価格の決め方

バイクの価格設定はそのブランド名による品質の高さ、排気量、車両サイズなどで決まってきます。

他にも税金や保険料もサイズ等で変わってきます。

ここに参考になる記事紹介しておきますね⇒どうすれば乗れる?いくらかかる? | 日本二輪車普及安全協会

ハーレーを代表とする大型バイクなどは好きな人が集う集まりもあり、愛好者が常に一定数存在しファンが付いています。

バイクの価値は本体の金属としての価値、部品の価値、組み立てコストなどが影響しており、部品などは高品質であればあるほど高額になります。

その為大型バイクは寿命も長いのですが、その分の費用も高額になっているというわけです。

例外として希少車と呼ばれるバイクは漫画、ドラマなどその時代に人気になったバイクがその品質の高さ、デザイン性の良さと共に高いレベルで価値を維持したものです。

年数が経過してもその価値は維持されており、レアなバイクとしてプレミア価格になっています。

そういった希少なプレミア車はバイクの部品自体の生産も中止されている場合も多く、修理なども困難になっていますので、希少性がさらに高まっています。

バイクの価値は車両の生産費用、ブランド品質などの他に需要と供給のバランスで成立しています。

中古バイクでは特に需要が高いレベルであれば価値は落ちませんが、需要が少ないバイクであった場合新車価格から数年でかなり価格は落ちていくものです。

買われなければ整備代金、保管料金などが加算されていくだけですので、価格を下げても売りたい、という事になってしまうのです。

バイクを安価で購入したい場合は、新しい年式で価格が落ち着いている車両を選ぶのも良いですね。

Comments are closed.

Post Navigation