どこでものぼり

日本人である皆さまは「のぼり」といえば、あぁ、あの旗の「のぼり」だな。

と、ピンとこられることでしょう。

普段、私たちの生活に馴染みすぎているモノですよね?いや、のぼりなんて、古い芝居小屋か歌舞伎座、相撲、神社など古い日本のイメージしかないけど?と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、日常道を歩いていますと、それこそ「のぼり」だらけの「のぼり」に囲まれた生活を送っていることに気付くはずです。

某大型チェーンのビテオ屋などは毎日のぼりをあげていますし、某有名牛丼屋も新メニューが出る度にのぼりが変わります。

ライバルの店ものぼりをあげます。

また、ほとんどのコンビニエンスストアは、季節ごとやイベントごとに、のぼりをあげていますから、想像しただけでも、町はのぼりだらけになります。

日本では、古く平安時代からのぼりの原形になる旗を使っていました。

そこから時代とともに改良され、戦国時代でほぼ現在の形体になりました。

しかし、あくまで今までの「のぼり」は、戦場用の「のぼり」でしたので、現在は、さらに商業用として発達を続けています。

平安時代から日本人とともに今も変わらずに存分しているパートナーの1つが「のぼり」なのです。

★のぼりの事ならのぼりキングにお任せ!


Copyright (C) yokomonostudio.com. All Rights Reserved.

のぼりの生活お役立ち情報館